法人カード審査をの通過する方法を比較|おすすめの法人カードとは

法人カードの審査ならおまかせ|おすすめの比較方法

法人カード,比較,審査

日頃の買い物を便利にしてくれるのがクレジットカードです。
これがあれば現金が無くても買い物をすることや支払いをすることができます。
そのため、申し込みをしてカードを所有している人は個人でもたくさんいます。

 

この便利なカードは個人だけでなく法人や個人事業主でも申し込みをして作成することができるようになっています。これが「法人カード」と呼ばれるものです。

法人カード審査比較《MENU》
  1. 法人カードの審査ならおまかせ|おすすめの比較方法
  2. 利便性と維持費と申込性を考慮したおすすめ法人カードランキング
  3. 法人カードとは?
  4. 法人カードの利用のメリットとは?
  5. 法人カードの利用の注意点
  6. 法人カードの名義について
  7. 法人カードと個人カードの違い
  8. 法人カードの金利や限度額について
  9. 法人カードと事業者ローンの違い

法人カードを比較検討することが大切

仕組みについては、個人が使用するクレジットカードとほとんど同じです。
また、法人カードの中には法人だけでなく個人でも利用することができるカードがあります。
このように、特定の対象だけでなく幅広く利用することができるようになっているカードも増えています。

 

法人カードの提供をしている信販会社はたくさんあります。
利用を検討している場合は、事前にそれぞれのカードを比較するということがポイントになります。特に手数料の金額や、審査を受けるための流れなどについても事前に調べておく必要があります。

法人カードのメリットとは

支払いが便利に

ちなみに法人カードを所有することによるメリットはたくさんあります。
例えば備品の購入をする場合は支払いが便利になり、経費精算も楽になります。
カードにはさまざまな種類があり、カードによっては所有していることが一種のステータスのようになることもあります。

オプションサービスの充実

また法人カードの中にはさまざまなオプションサービスが用意されています。
どのようなサービスが付帯されているのかということも選んでいく上でのポイントになってきます。

コストをかけずに所有もできる

法人カードは個人向けのカードと違って、手数料が高くなるというイメージを持っている人もいます。しかし実質無料でカードの所有をすることができる場合もあり、余分なコストをかけることなく申し込みをしてカードを持つことも可能です。

お得なポイント制度

カードによってはお得にポイントが貯まるカードなどもあります。
特に使用頻度が高いと想定される場合はポイントの制度についても事前に調べてから申し込みをするようにしましょう。

 

利便性と維持費と申込性を考慮したおすすめ法人カードランキング

【JCB 法人カード】安心・便利な最初の1枚のカードの特徴

あらゆるビジネスシーンに対応できる!JCB法人カード
本サイトから申込限定! 初年度年会費無料!
次年度も年会費1,250円(税別)と格安!
ETCカードは年会費無料で発行無制限可能!
ポイント還元率も0.5%とトップクラスの高さ!
JCBのポイントプログラム豊富なサービスを利用可能!

[ポイント型][キャッシュバック型]の2種類の還元方法が選べる!
さらにゴールドプラチナカードなら最上級のサービスと信頼!
【期間限定】入会で最大7,000円分もらえるキャンペーン中!!

年会費 1,250円 ※初年度無料
利用限度額 30万~100万円 (申告内容&利用実績に応じて設定)

三井住友ビジネスカード

【三井住友ビジネスカード】国内外で利用可能!の特徴

国内外で利用でき急に現金が必要なときでも持っていて安心!
もれなく最大8,000円分プレゼント!新規入会キャンペーン実施中!

<三井住友ビジネスカードならスタイルに合わせて3つのカードから選べる>
クラシック(一般)カード(ビジネスをもっとシンプルにしたいなら)
ゴールドカード(ビジネスにもステータスと先進性を持たせたいなら)
プラチナカード(ビジネスに最上級の輝きをもたせたいなら)

経費管理資金運用を効率化できるビジネスカード!
海外旅行傷害保険など国内外の出張サポート16種類の特典豊富!
VISAを含む安心・安全・便利な三井住友ブランドビジネスカードです。

年会費 税抜1,250円+税(クラシックカード)
税抜10,000円+税(ゴールドカード)
利用限度額 原則20万円~100万円(クラシックカード)
原則20万円~300万円(ゴールドカード)
※1回払いでのご利用となります。

【オリコ】EX Gold for Bizの特徴

Visaビジネスオファー付帯の頼もしい一枚!幅広い経費決済にご利用可能!
【 個人事業主】【法人代表者】専用のビジネスゴールドカード!

Visaビジネスオファーで宿泊、レンタカーなどビジネスシーンの各種割引・サービスが充実。!
海外旅行傷害保険(2,000万円)、国内旅行傷害保険(1,000万円)
ショッピングガード(年間最高100万円・免責金額10,000円)
カードの紛失盗難保障付きと各種保険・保障もしっかりと付帯!
・充実したサービスでビジネスライフをサポート!
※ウェルカムキャンペーン実施中!
もれなく最大6,500円分オリコポイントプレゼント中!

年会費 2,000円(税別)※初年度無料
利用限度額 10万円~300万円 ※審査により決定 【法人代表者用】

法人カードとは?

法人カード,比較,審査

法人カードは個人事業者や法人向けに提供されているクレジットカードのことです。
経理などの合理化を図ることを目的としていることや資金運用の効率化などのメリットがあることから提供されています。

 

提供しているところは信販会社がメインになっています。
それぞれの信販会社が提供しているクレジットカードによって、受けることができるサービスやカード発行までの時間などは異なっているので事前に確認しておくようにしましょう。

審査が必ずあります

法人カードを作成して所有するためには所定の審査を受ける必要があります。
審査の条件についてはカードを提供している会社によっても異なってくるので事前に確認しておく必要があります。

 

また個人が所有するクレジットカードにさまざまな種類があるように、法人が所有する法人カードの種類もたくさんあります。審査が厳しいカードになってくると一種のステータスカードにもなります。

 

それぞれのカードによって設定されている手数料なども変わってきます。事前に手数料がどれくらいかかってくるのかと言う基本的な情報についてもしっかり把握して調べておくようにしましょう。

キャンペーンやオプションが付くことも

法人カードによっては申し込みをしてカードを発行してもらう際にキャンペーンを受けることができる場合もあります。キャンペーンの概要を比較して選んでいくという方法もあります。

 

オプションについてもさまざまな種類があるのでプラスαのメリットについても着目して法人カードを選んでいくとよいでしょう。


法人カードの利用のメリットとは?

法人カード,比較,審査

法人カードを作成して業務の利便化を図るところが増えています。
それに伴ってカードの発行に対応する会社も増えており、さまざまな種類のカードから選んで申し込みをすることができるようになっています。

 

法人カードを提供している信販会社は数多くあり、信販会社同時の競争も激しくなっています。そのため利用する側の利便性はさらに高まることが予想されます。

法人カードの5つのメリット

経費精算の手間が省ける

法人カードの利用メリットの一つに経費の計算の簡略化があります。
立て替えをすることなく法人カードでの支払いをすることができるようになっているので手間が省けると言う点でのメリットもあります。

充実の付帯サービス

さらに個人が所有することができるクレジットカードと一緒で付帯サービスがついてきます。
カードの使用だけでなく付帯されているサービスを活用することによってさらにお得な利用をすることができるメリットがあります。

 

使用することによってポイントが付加される優遇などもあるので、これによってポイントやマイルが貯まってお得に利用することもできるようになります。

キャッシュフローの改善

また、法人カードの場合だと支払いをしてから実際にお金を支払うまでの期間として最大で三カ月間の猶予期間があります。
銀行口座に残るお金がそれだけ多くなり、キャッシュフローが良いというメリットもあります。

 

カード発行までがスピーディー

法人カードの発行にかかる時間についてもかなりスピーディーです。時間をかけることなくカードの発行ができるようになったのもメリットの部分になります。


法人カードの利用の注意点

法人カード,比較,審査

法人カードを作成して使用する場合にはいくつかの注意点があります。
また個人カードと類似する点も多く、中には法人カードでも個人が所有することができるタイプなどもあります。

 

いずれにしても継続的に使用を考えるのであれば、使いやすいカードを選んで申し込みをすることが大切です。法人カードを発行する上での目的を明確化させることもポイントの一つになってきます。

便利さに注意

一番にあげられるのが、現金なら購入しないのにカードだとついつい買ってしまうことがあるという部分です。

 

これは個人のクレジットカードでも同じですね。現金をその場で支払うのではなく後日支払うことや現金の支払いをしなくていいので、不要なものを買ってしまうことがあります。

年会費・手数料についての注意

また、法人カードを作成して維持をする場合は年間費が発生します。
普段から利用する機会が多い場合であれば、手数料を支払う以上のメリットがあるのですが、あまり利用しない場合は余分なコストがかかってしまうことになるので注意が必要です。

 

法人カードによって設定されている手数料は異なります。
そのため、使用頻度や費用対効果などから考えてカードを選んでいくというのもポイントになります。キャンペーンなどに惑わされないようにしっかり選んでいくということも必要になってきます。

審査内容についての注意

法人カードは、対応している信販会社に申し込みをしてカードの発行をしてもらうというのが一般的になっています。それぞれの会社によって審査の基準などが異なっているので注意する必要があります。

 

法人カード審査おすすめランキング

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<


法人カードの名義について

法人カード,比較,審査

法人カードに記載される名義に関しては、法人の中で主に使用する人の個人名になっています。そのため、クレジットカード払いをする時のサインはその個人名でサインします。

 

法人カードの中には個人名と会社名が併記されているものもありますが、会社名の記載はあってもなくてもよい情報になります。

 

法人カードを発行してもらって社長や社員にカードが発行されても、支払先については法人の口座に一元化されることになります

 

ちなみに規模の大きな企業になってくるとコーポレートカードという名称で呼ばれるのが一般的になっています。一方で個人事業者など、会社の規模が小さい対象に発行される法人カードについてはビジネスカードと呼ばれています。

 

規模の小さな会社の場合は個人名義だけでカードを発行してもらって使用するという方法もあります。このように、法人カードと個人向けカードが一体化しているタイプも最近では増えてきています。


法人カードと個人カードの違い

法人カード,比較,審査

クレジットカードの中には個人に向けたカードと法人に向けたカードの二種類があります。
一般的に使用することが多いのは個人に向けたカードの方で、後払いの仕組みで便利に使用することが可能になっています。

 

一方で、法人向けのカードは経費の管理や効率化などが目的になっているカードになります。
名義についても個人名だけでなく会社名も加わってくるので審査においては会社の信頼性などが中心に行なわれることになります。

手数料と支払いについて

法人カードを作成して使用する場合の注意点としては、目的を明確化するということが重要なポイントになります。
個人カードに比べると手数料はかなり高めに設定されています。使用目的や頻度などによっては個人カードを作成して使用する方がかなりお得というケースもあります。

 

ただし法人カードの場合であれば、法人名義の口座での支払いをすることができるようになっています。その点で見た場合に個人カードを作成して使用する場合よりもメリットがあります。

カードの所有について

また個人向けカードの場合だと、個人が所有することしかできませんが、法人カードの場合だと従業員に対してもカードを発行することができるようになっているので、その点から考えても個人向けよりもメリットがあります。

 

ちなみに事業用に使用するからと言って、必ずしも法人カードではいけないというルールはありません。会社の規模が小さい場合については、個人用のカードを法人用のカードとして使用することもあります。

 

法人カード審査おすすめランキング

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<


法人カードの金利や限度額について

法人カード,比較,審査

法人カードの中にはキャッシング機能が付帯されているタイプも多くなっています。キャッシング枠が用意されているタイプのカードを選択すれば、法人カードからお金の借り入れができることもあります。この場合だと個人事業主に対してのキャッシングに限られることが多くなります。

限度額と金利はいくら?

借りることができる限度額については100万円程度が上限になっていることが一般的です。
金利については最大で18%くらいで、一般的な消費者金融のキャッシングと同等の金利に設定されています。

 

クレジットカードの限度額については”法人の資金力””安定性”などによっても異なります。
限度額が多いところというのはそれだけ法人としての信頼度が高いということの現れにもなります。

 

分割払いと金利について

また、支払については分割払いに対応しているところが多いです。一回や二回であれば無金利で支払ができるようになっているのですが、それ以上の分割払いになってくるとキャッシングと同等の金利が付帯されることになるので注意が必要です。

 

これらに関しては法人カードを発行している会社によって異なってくる部分もあるので一概には言えないところもあります。

 

いずれにしても法人カードの発行をする場合は、事前に利用の条件などをきちんと確認してから申し込みを進めて行くことが大切です。かかる手数料や年会費なども事前に調べておくようにしましょう。


法人カードと事業者ローンの違い

法人カード,比較,審査

自営業者や個人事業者が利用することができるローンの一つに事業者ローンと呼ばれるものがあります。これは銀行や消費者金融が提供しているカードローンを、事業主でも利用することができるローンになります。

 

一般的なカードローンというのは、基本的に事業用の目的で利用することができないことになっています。事業者ローンという専用のローンであれば、事業用の目的で利用してお金の借り入れをすることができるようになっています。

目的の違い

一方で法人カードについては、法人や事業者が利用することができるクレジットカードになっています。
事業者ローンのように、お金を借りるということが目的になっているものではありません。あくまでクレジットカードで支払いを円滑化するというのが目的のメインになっています。

 

ただし法人カードも、支払期間が猶予されるという点ではお金を借りていると考えることもできます。なおかつ分割払いにすることができるので事業者ローンを利用してお金を借りているような感覚でもあります。

 

法人カードは維持にあたって一定の手数料が発生することになります。
どれくらいの費用がかかってくるのかということを事前に調べておく必要があります。

 

また法人カードの作成をする場合も、事業者ローンに申し込みをする場合も審査を受けてクリアしなければならないという点では共通しています。

 

審査基準については、法人カードや事業者ローンの種類などによっても変わってくるので審査の難易度なども考慮して考える必要があります。

 

法人カード審査おすすめランキング

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<


法人カードの審査を分析

『スムーズに法人カードを作成する方法』 法人カードには様々な特徴があります。審査期間が短めなのもあります。 審査内容も法人カードごとに特徴があります。 また、法人カードの審査基準について知ることは、とても大切なこととなります。 カードを作る時はビジネス展開の予測をする良い機会となります。ビジネス展開が安定するとカードが作りやすくなるのです。 法人カードの審査について考えることで新しいビジネスシステムに関する発想を得ることもあります。

法人クレジットカードの審査の現状

『法人カードの審査基準を把握するには』 ビジネスをするときには色々な支払いがあります。 そのような負担を軽減したいときは法人クレジットカードが便利です。法人カードの審査基準はクレジットカード会社によって異なるので、厳しいところも甘いところもあります。ネットから情報を得ようとする場合は、やみくもに信じるのではなく、きちんと情報を把握した上で調べることが大事です。

法人クレジットカードは比較して選ぶ

『法人クレジットカードのメリットを比較して最適なカードを選ぶ方法』 法人クレジットカードは比較することで、重要なことやポイントについて知ることができます。 法人クレジットカードを選択する時は限度額と金利の比較が大切です。 また、還元率を比較するのもひとつの手段です。 このサイトでは法人クレジットカード年会費無料のクレジットカードを比較しています。 法人クレジットカードは、様々なことを比較してあなたに最適な法人クレジットカードを見つけましょう。