法人カードの還元率で比較

法人カード,比較,還元率

法人カードを所有するメリットはたくさんあります。
その中の一つに、使用に比例してポイントを貯めることができるというものがあります。それぞれのカードによってポイントの付与率は異なっているので事前に確認しておくようにしましょう。

 

使用においてどれくらいのポイントが付与されるのでしょうか。
この点についても法人カード選びでの重要なポイントになります。
このポイントに対する付与率というのがいわゆる還元率になってきます。

還元率が高いとお得

還元率が高く設定されているほど、少ない金額の利用であってもポイントが多く付加されることになります。
長期的な使用を考えている場合だと還元率が高い法人カードの利用ほど便利になります。

 

還元率についての情報は各信販会社のホームページから収集することができます。
その中で比較し、還元率が高いカードを選んで申し込みをするとよいでしょう。

 

ただし、還元率が高い場合だと年会費が高いケースもあるので注意しなければなりません。
年会費が高くなってくると使用頻度が少ない場合は損をすることもあります。

 

最近では年会費無料の法人カードなども増えています。
まずは無料タイプを使用してから必要に応じて有料タイプに切り替えるなどの方法もあります。

 

どのような場合でも費用対効果を軸において法人カードの作成を考えることが大切です。
発行における目的意識についても明確化させることがポイントの一つになります。

法人クレジットカードの還元率による比較について

法人カード,比較,還元率

法人クレジットカードを選ぶ際には、還元率を比較するのもひとつの手段です。

 

カード会社によって利用に応じて付加されるポイントの還元率は異なります。
もちろんその率が高いほうがお得と言えますが、その前に知っておくことがあります。

 

カードは他にも、年会費やその他のサービスなど考慮すべきことが多くあります。

 

年会費はどうか

法人カード,比較,還元率

まず還元率が高いものは比較的、年会費を高く設定しているものです。

 

そのために利用金額があまり無いような場合には、
年会費のコストの方が高くなるので逆に損をすることになります。

 

年間で幾ら以上の利用があれば年会費をカバーできるのかを調べることが必要です。

 

また従業員がどれだけ増えてもカードの発行手数料がかからないようなものであれば、
利用金額はそれだけ多くなるので年会費が高いとしてもお得にポイントが付加されるようになります。

 

ポイントの使いみちはどうか

法人カード,比較,還元率

また、貯めたポイントをどのように使えるのかもチェックする必要があります。

 

会社で使える備品に交換できるならば、かなりお得になります。
現金化して購入するよりも多くの備品を得ることが可能となるからです。

 

あるいは海外出張が多いのであれば、マイルに交換できるものが便利です。

 

このように還元率だけを比較しても、なかなかどれが得なのかは分からないものです。
また想定される利用額もある程度は把握しておくことも大事です。

 

年会費やポイントの交換サービスなどをトータルで捉えて比較検討することが必要となるわけです。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<