法人カードを比較する重要性

法人カード,比較

法人カードを提供している信販会社は数たくさんあります。
それぞれの信販会社の法人カードによって、

  1. 年間費
  2. 付帯されるサービス
  3. ポイントの付与率

などが異なります。
個人が所有するクレジットカードに比べると、費用は高くなります。
その代わりに、付帯されるサービスも多くなります。
そのため使用頻度などにあわせて法人カードを比較して選んでいくことが必要になってきます。

法人カードを比較する目的

比較の方法については、それぞれの信販会社のホームページをまず確認しましょう。
そこに記載されている法人カードの概要を比較するという方法がまず大切です。
他にも要点だけを絞って比較しているサイトなどもあるので、これを利用することによっても便利に比較することができます。

 

また、法人カードを作成して使用する場合にその目的についてもいろいろあると思います。
どのような目的で使用するのかということをメインに考えてカード選びを進めていくということも必要になります。

 

気に入ったカードがあっても申し込みをしたからといって、必ず発行することができるとは限りません。
この点にも注意が必要です。
基本的に審査を受けてから発行できるかどうかということは決まってくることになります。

 

法人カードの中には、個人でも利用することができるタイプなどもあります。
以前に比べると多様化が進んでいるので利用のシーンにあわせて選んでいくとよいでしょう。
また、カードを発行する会社の評判なども比較して選ぶと安心して選んでいくことができます。

法人カードの審査条件で比較する

法人カード,比較

法人カードを作成して使用することによるメリットにはいろいろあります。
しかし、いくら所持における特典がたくさんあったとしても、全ての会社の法人カードを利用できるというわけではありません。これらを利用するためには審査を受ける必要があるという点に注意する必要があります。

審査内容の基本的な条件とは

法人カードの審査については提供している信販会社によって設定されている審査内容が異なっています。一概には言えませんが基本的に、業歴があって赤字になっていないなどが基本的な条件になっていることが多くなっています。

 

しかし法人が立ちあがってから、間もないところでも法人カードの作成できるところもあります。
このように信用情報があまり無くてもカードを作ることができるところはあります。

 

この場合だとカードの作成においては連帯保証人などが必要になるケースもあります。
(※連帯保証人とは、何かあってお金の返済をすることが難しくなった場合、代わりに被債務者となって返済してくれる人のことになります。)

審査条件を比較して選ぶポイント

法人カードの審査条件を比較する場合は、

置かれている状況から判断して審査にクリアするところを選んでいく

というのがポイントになり、基本的な申し込みの条件についてはしっかり押さえておく必要があります。

 

また審査にクリアしなかった場合、その理由を今後審査を受ける時に役立てようとしたいものですよね。
しかし審査にクリアしなかった理由を、信販会社に問うても教えてもらうことができないので注意が必要です。

法人カードのポイントで比較

法人カード,比較

法人カードは個人事業者や、法人向けにおすすめしたいカードです。
これは個人が利用できるクレジットカードと比較した場合にさまざまなサービスを受けることができるようになっています。

 

クレジットカードというのは

  • 後からの払いで物を買うことができる
  • 付加価値サービスを受ける
  • 他の支払いに充てることができる

と言った便利なカードのことです。
個人向けのクレジットカードを作成して利用している人も少なくないと思います。

ポイントは還元率を重視する

法人カードを作成して使用することによる特典の一つになるのがポイント制度です。
カードを利用することでポイントが付加されていきます。
貯めたポイントは、さまざまなシーンで利用することができます。
還元率が高いカードほど効率的にポイントを貯めることができるようになっています。

 

ポイントを貯めるというと、個人が行なうものというイメージを持つ人も少なくないかもしれません。
法人カードのポイント還元率はかなり高いタイプのカードもあるのでポイントの付与は無視できない要素になってきます。

還元率の高い法人カードを比較する方法

ポイントを比較する場合は専用の比較サイトなども開設されています。
これを利用することによっても便利に比べることができるようになっています。

 

法人カードにはさまざまな特典が用意されています。
どのような特典が用意されているのかという点についても比較ポイントになってきます。
カードを保有して継続的に利用するのであれば費用対効果なども重要な部分になります。

法人カードの作成にかかる手間で比較

法人カード,比較

便利な法人カードは、所有して使用することによって、

  • 経費の管理などが容易になる
  • 便利にポイントを貯めることができる

などのメリットがあります。

 

法人カードを作成して使用したい場合は、事前にカードの申し込みをする必要があります。
しかし誰でも作ることができるというわけではありません。
まずカードを作成するためには審査を受けて通過しなければなりません。
審査内容の条件を満たさないと作ることができないので注意が必要です。

提出書類や手数料を比較検討する

また法人カードに申し込みをしてカードを作る場合は、インターネットから申し込みをすることができるところも増えています。
個人がクレジットカードの申し込みをする場合と違って、提出する書類がいくつかあるので事前に調べておく必要があります。

 

法人カードの作成にかかる手間を比較して選んでいくということもポイントの一つになってきます。
すぐに業務で使用したいと考えている場合は、

具体的にどれくらいまでにカードの発行をすることができるかどうか

ということが明記されている方がよいでしょう。

 

法人カードはさまざまな目的に利用することができるようになっています。
中にはキャッシング機能が付帯されているタイプもあります。
申し込みをする場合はその他の付帯サービスなども比較して作成することもおすすめです。

 

法人カードを所有する場合は一定の手数料などがかかってきます。
どれくらいの手数料が発生するのかということも比較して選んでいくようにしましょう。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<

法人カードのオプションサービスで比較

法人カード,比較

法人カードは経費の管理などができるだけでなく、付帯されるオプションサービスを目的として発行するケースも少なくありません。

 

法人カードは個人が所有するクレジットカードと比較した場合に維持費用が高いという特徴があります。中には数万円という年会費がかかってくるようなことも少なくありません。

 

それだけ維持費用がかかってきても、付帯されるオプションサービスを活用することによって利用価値は高まる期待もあります。
このように、どのようなオプションサービスが用意されているのかということも事前に把握しておきたいポイントです。

人気のオプションサービスとは

人気のオプションサービスとしてETCカードの発行があります。
会社の従業員が車に乗る機会が多く、高速道路も多く利用している場合はETCがあった方が安くなります。
法人カードのオプションで作ったETCカードであれば便利に活用することができるようになっています。

 

また、オプションサービスの中には追加でカードを作る場合に手数料がかかってこないタイプもあります。
一つのカードで複数のカードを作ることができるサービスというのも法人カードの利用ならではのオプションサービスになっています。

 

オプションサービスを比較する場合は実用性があるオプションについて考える必要があります。
しかし、単純にたくさんオプションサービスがあれば良いという話しではありません。
利用頻度や目的に応じて最終的には選んでいくことが失敗しないためのコツになります。

法人カードをトータルで比較するポイント

法人カード,比較

法人カードの比較ポイントはたくさんあります。
どこに比重を置いて比較すればいいのか悩むところだと思います。

 

昔に比べると法人カードの需要が増えていることもあり、カードを発行をする信販会社も増えてきています。利用する側にとっては選択肢が増えたことのメリットもありますが、一方で選ぶポイントが難しくなっているなどのデメリット要素もあります。

 

法人カードを比較する際はトータルで比較するということも必要です。

  • 年会費
  • お得なサービスを受けることができるか
  • サポート体制
  • ポイントの還元率

なども総合的に判断したいポイントになります。

トータルで費用対効果を考える

ちなみに法人カードは使用頻度によって価値が変わってくるという点についても注意する必要があります。
年会費が高くても使う頻度が高いポイントの還元率によってメリットも変わります。

 

一方で、年会費が無料タイプの法人カードなどもたくさんあります。
年会費が無料になってくるとコストはあまりかからないので最初は印象はいいでしょう。
しかし使用頻度が高い場合は”年会費がかかってもポイント還元率が高いカード”の方が使用メリットが高いケースもあります。
総合的に判断して法人カードを比較する場合は費用対効果なども選ぶ上でのポイントになります。

 

また、カード選びに失敗しないためにもカードの情報を事前にしっかり集めましょう。
利用によってどのような付帯価値がついてくるのかということも意識して選んでいくようにしましょう。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<