法人カードの審査内容は厳しい?クリアするべき6つの条件とは

法人カード,審査

法人カードを作成するためには審査を受けてクリアする必要性があります。
審査の内容については信販会社によって異なっているので事前に把握しておく必要があります。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<

 

個人のクレジットカード作成の場合であれば審査の基準としては以下の2つくらいでしょう。

  • 収入の安定性
  • 過去にブラックリストに名前が入ったことがない

これが法人カードになると審査の内容はさらに増えて、

会社の信頼性

立ちあがってからの業歴

従業員の数

黒字か赤字か

など審査する内容が増えてきます。
審査が厳しいということはそれだけ法人カードを作成して使用することのメリットが高いということにも繋がってきます。

審査の条件は事前にインターネットや口コミで調べておく

審査の条件については信販会社による違いが大きいです。
あらかじめインターネットの口コミ情報などから審査の条件などを調べておくとよいでしょう。

 

また、法人カードと言ってもさまざまなタイプがあります。
比較的気軽に作ることができる外資系のカード年会費が無料になっているタイプのカードになると
審査の時間があまりかからずカードの発行をすることができることもあります。

 

審査内容については、以下の2つの分かれます。

  1. 信販会社の方でオープンになっている審査内容
  2. 外部が知ることができない審査内容

外部が知ることが出来ない審査内容については、後から審査にクリアしなかった場合にも開示してもらうことができます。
利用の条件などをしっかり確認して費用対効果などから考えて法人カードの申し込みを進めていくようにしましょう。

法人カードの審査の基準とは?特に注目すべき2つの項目を紹介

法人カード,審査

法人カードを発行して使用するためにはまず、信販会社に申し込みをします。
さらに審査を受けてクリアする必要がありますが、個人が利用できるクレジットカードに比べると審査内容も複雑になっています。場合によっては審査にクリアしないことがあります。

 

法人カードの審査基準になってくる部分については信用情報がメインになってきます。
信用情報というのは法人がカードを使用する場合に

  • きちんと返済することができるか
  • 法人としての実績がきちんとあるかどうか

ということです。

 

法人としての収入が多くても、信用情報がしっかりしてないと審査にはクリアしないことがあります。
またそれぞれの信販会社によって法人カードの審査基準は異なっているという点に注意する必要があります。

審査基準の中の信用情報のチェックとは?

法人カードの審査で重要なポイントになってくる信用情報は、さまざまな方法でチェックされます。
その中の一つに直近24カ月分の返済履歴のチェックがあります。
これまでにお金を借りたことがある場合にきちんと返済してきたかどうかということも重要なポイントになります。

 

さらに他の金融機関からお金を借りている場合は信用情報がマイナスになってしまいまいます。
利用できる条件であったとしても他行からの借り入れが影響することによってカードの発行ができないこともあります。

 

細かい審査条件は信販会社によっても変わってきます。
審査条件などを事前に確認してカード発行できる信販会社選びもポイントになります。

法人カードの審査に落ちる原因とは|3つの落とし穴を事前にチェック

法人カード,審査

法人カードというのは法人や個人事業者が所有することができるクレジットカードのことです。
この法人カード作成して使用することによって、経費の管理ができるなどのメリットがあります。
さらにさまざまな付帯サービスを受けることができるメリットもあります。

 

カードの種類にもいろいろな種類があります。
そのため、法人の形態にあったカード選びを進めて行くということもポイントになります。

審査に落ちてしまうのは何が原因?

法人としての実績があり、また赤字ではなく黒字であれば基本的に心配はないでしょう。
多くの信販会社で法人カードの発行をすることができるはずです。
しかしそれでも発行が難しい場合は、

  • 他行からの借り入れ状況
  • ブラックリストに名前が入っていること

などが影響している可能性があります。

 

基本的に個人が金融機関でお金を借りる場合と同じように、
法人が法人カードの発行をする場合も信用情報というのは非常に重要なポイントになってきます。
これまでの借り入れの実績なども審査に反映される部分になります。

複数の信販会社に同時申し込みするとマイナス?

法人カード,審査

また複数の信販会社に対して、同時に法人カードの申し込みをすることも審査にマイナスのポイントになる可能性があります。
会社の信頼性などが発行してもらえる条件にあっても審査に落ちてしまうことがあります。

 

法人カードに申し込みをする場合は事前に、

  • 手数料
  • サービスの内容
  • ポイントの付与率

などをしっかり調べて一つの信販会社に絞って申し込みをするようにしておく必要も出てきます。

 

複数の信販会社に申し込みをする方が、一つの信販会社に申し込みをする場合と比べると可能性という点では高くなりそうな感じもします。

しかし複数の信販会社に申し込みをした履歴というのは残ります。

さらにその履歴はリアルタイムにそれぞれの金融機関で共有される情報になっています。

 

そのため場合によっては審査に影響してしまって新しくカードの発行をすることができない可能性もあります。

複数の法人カードの絞り込み方

事前に申し込みをする信販会社の情報をしっかり集めておいた上での申し込みというのが重要なポイントになってきます。

 

法人カードは種類がたくさんあります。
年会費やサービス、他にもポイントやマイルの還元率などがカードによってもかなり変わってきます。
カードの発行において何を軸にするのかというのもポイントになります。

 

法人カードは基本的にたくさん利用すればそれだけお得になるように作られています。
使用頻度が多いほど作成におけるメリットは高くなります。

 

また法人カードは、一つカードを作っておけば従業員に対して複数のカードを発行することもできます。
しかし発行においては一定の手数料がかかってくるものです。
枚数が増えるほど手数料にかかる金銭的な負担についても考慮する必要性が出てきます。

 

法人カードの審査にかかる時間

法人カード,審査

個人がクレジットカードを発行してもらうまでの期間は一週間程度で可能になっています。
これには申し込みから審査を受けるまでの期間の目安です。
一方で法人カードになってくるとさらに時間がかかってくる可能性もあるので注意が必要です。

 

審査の流れとしては、最初にインターネットから専用のフォームに必要な事項を入力して審査を受けるという流れになります。
そこから一営業日程度で申し込みをした信販会社から確認事項に関する連絡が届きます。

 

法人カードの審査の条件についてはサービスの提供を行っている信販会社によっても異ります。
これらは事前に確認しておく必要があります。
審査が厳しめに設定されているところほど審査に時間がかかります。
カードの発行をするまでに一カ月程度の時間がかかってくるようなこともあります。

少しでも早く法人カードを作成したい時は?

少しでも早く法人カードを作りたいという場合は、スピード審査に対応している信販会社をおすすめします。
審査のスピードが速い信販会社の情報などは比較サイトなどを利用することによっても知ることができます。

 

また円滑に審査を進めたい場合は、申し込みに必要となってくる書類をきちんと用意しておくことも大切です。
これを怠ると、書類の提出に時間が多く取られてしまう可能性もあります。

 

法人カードを作成して使用することのメリットはいろいろあります。
しかしその前に法人カードに申し込みをしてカードの発行までにかかる時間なども調べておく必要があります。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<