法人カードの審査内容と特徴について

法人カード,審査

法人カードには様々な特徴があります
審査期間が短めなのもあります。
審査内容も法人カードごとに特徴があります。

 

法人カードなどの金融商品について考える時は、普段から多角的な視点を持つ必要があります。
経済情勢によって審査の厳しさが変化することを想定することが大切です。
景気の良い時は審査が甘めになる傾向があったりします。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<

 

法人カードの審査内容について

法人カード,審査

法人カードの審査内容は、

  • 事業規模
  • 事業の売り上げの安定性

などの確認となります。
キャッシュフローなどが順調ですと、審査に通りやすくなります。

法人カードのメリット

法人カードはとても便利で経理をより効率的にします。
日々のビジネスは様々な計算から成り立ちます。
法人カードを活用することで、こうした計算にかける時間を減らすことが可能となります。
法人カードはビジネスの様々な場面で活躍します。
法人カードの利便性を追求することは、ビジネスをより円滑にすることでもあります。

 

安定性の高いビジネスで審査を通りやすく

様々なカードの審査内容はある程度、共通している特徴があります。

 

ビジネスは安定性が高いことが重要になります。
ビジネスの安定性が審査で重視されることは、様々なカードの審査で共通しています。

 

ビジネスを安定化させるには、売り上げの安定性とコストをいかに抑えるかが重要になります。

 

コストは様々な要因で変化します。
材料を輸入するビジネスの場合は、外国為替レートに強く影響を受けることもあります。

カードを作る時はビジネス展開の予測をする良い機会となります。
ビジネス展開が安定しますと、カードが作りやすくなります。

法人カードの審査内容にかかわる法人口座の開設基準とは

法人カード,審査

法人クレジットカードの審査内容の特徴は法人口座の開設にあります。
最近は、振込み詐欺の多発により、法人口座の開設基準が厳しくなってきています。

 

口座の設立の基準として、

  1. 企業の所在地が口座開設する支店に近いこと
  2. ホームページの出来

があります。

ホームページが判断基準に

法人カード,審査

ホームページの出来については、意外に思うかもしれませんが、
きちんとした営業をしているかの判断基準に使われるのです。

 

支店の担当者が、実際に企業を訪ねていくよりも、対象企業のホームページを判断し、
機能的にきちんとしたものになっているかの判断を行うのです。

 

振込み詐欺用のバーチャルカンパニーの場合には、
簡易のホームページが多く見受けられるのです。

 

それに、企業の法人登記をして簡易なホームページを立ち上げるのは誰にでもできるからです。
そういう意味で、ホームページがきちんとしているかが判断基準になっているのです。

法人カードは営業上便利

法人カード,審査

法人口座が設立されて始めて、法人クレジットカードの審査に移ります。

 

法人口座があり、固定電話が設置されていれば、
大抵の場合にはクレジットカードは作れるはずです。

 

実際の融資金額については、企業の財務状況にもよりますが、
企業業績が黒字の企業なら問題なく審査は通りクレジットカードは持てるようになるでしょう。

 

法人のクレジットカードといっても、通常は社長等が使用するものです。
使用する代表者の氏名を忘れずに伝えるようにしておきましょう。

 

出張等で便利な法人名義のクレジットカードがあれば、営業上も何かと便利です。

法人カードの審査基準が甘いものと厳しいものと色々ある

法人カード,審査

こんな声をよく聞きます。

新たに法人クレジットカードに申し込みをしたいのだけど、審査が厳しいので、なかなか通りません。
審査基準が甘いところはありませんか?

結論から言うと、審査基準はクレジットカード会社によって異なるので、厳しいところも甘いところもあります。
法人カードの審査基準について知ることは、とても大切なこととなります。

 

様々な審査基準を知ることで、審査に通るかの推測が可能となります。
審査基準が甘いか厳しいかは、法人カードごとに大きく異なります。

 

審査基準について考えることで、ビジネスについて客観視することも可能となります。
事業規模と事業のキャッシュフローの順調さを知ることは、とても重要なこととなります。

 

借入金がどのくらいあるかも、法人カードの審査基準に影響を与えます。

 

事業を順調に行うには、確実な売り上げがとても大切になります。
確実な売り上げがありますと、返済に困る可能性が減ります。

きちんとした情報収集が大切

法人カード,審査

見つけ方はクレジットカード審査ランキングなどで探せば出てくると思います。
また、法人カードを比較する時は口コミ情報なども参考にした方がよいでしょう。

 

個人向けカードと法人向けカードだと、内容や審査基準が異なっていることもあります。

 

ネットから情報を得ようとする場合は、やみくもに信じるのではなく、
きちんと情報を把握した上で調べることが大事です。

 

法人用クレジットカードは個人向けカードと比べると、種類が非常に限られてしまいます。

 

その中で自分、または会社で使うのに必要なスペックを兼ね揃えているかを把握するのは、
個人向けカードよりは大変ですね。

 

そんなことより、まずは審査に通らないとどうしようもないので、
審査が緩いという方が優先順位は高いかもしれませんね。

審査基準とスペックのバランスをみる

法人カード,審査

クレジットカードは審査基準のほかに、

  • 金利
  • 限度額
  • 発行スピード

なども重要項目に入ります。

 

また、法人で使うクレジットカードなので、
ゴールドの方が接待で使う時には効果があったりしますね。

 

他にも、ビザ、マスターカード、JCBが自由に選べるというのはもはや必須条件となります。

 

審査基準とスペックのバランスが難しいかもしれませんが、
丹念に探せば、条件に満たすカードも見つかります。

 

ビジネスに大きな利便性をもたらす法人カード

法人カード,審査

法人カードはビジネスに大きな利便性をもたらします。

 

経理が法人カードによって楽になることが事業に与える影響を考えることは、
とても有意義なこととなります。

 

カードによる電子決算システムによって、
ビジネスにおける経費の変動を素早くすることもできます。

 

ビジネスは現状の把握をいかに素早く正確に行うかが求められます。
法人カードによってそれを実現することは、とても良いこととなります。

 

法人カードの金利について

法人カードには金利などの特徴があります。
金利は低い方が一般的には有利となっています。

 

金利について考える時は、様々なサービスとの比較が重要になります。
どのような使用をするかで、様々なサービスがお得かどうかは異なります。

 

様々なカードを選択する時は、具体的な使用イメージをいかに持つかが大切です。

法人カードの特徴と作るまでの審査期間

法人カード,審査

法人カードは企業や個人事業主向けに発行されるクレジットカードのことです。
ビジネスをするときには色々な支払いがあります。
そのような負担を軽減したいときは法人クレジットカードが便利です。

 

このクレジットカードは法人用のもので、会社の支払いをする時に色々利用をすることができます。

 

会社でビジネスをする時は社員が、それぞれをお金のやり取りをするためそれを管理するのが大変です。

 

そのような負担を減らすことができる法人クレジットカードは使いやすく、特に小規模の業者ほど恩恵を受けやすいです。

 

経理の合理化や運用資金の効率化を目的に使用されます。

 

交際費や出張旅費を法人カードで精算することで、経費の立替や事務手続きがシンプルになるという特徴を持っています。

 

また、

  • 加盟店であれば現金を用意することなくキャッシュレスになる
  • 支払日までカード会社が立て替えを行うので現金をすぐに用意する必要がなくなる

という点でもメリットとなっています。

 

個人事業主なら経理が一本化されて把握しやすい、
企業なら社員に持たせることでお金を毎回用意する必要がなくなるので便利です。

法人カードの作成方法と審査期間

法人カード,審査

法人カードの作成は対応する企業に申し込みを行い、郵送にて書類のやり取りを行います。

 

そのため、個人のクレジットカードとは異なり、審査期間などさまざまなところで時間がかかるようになっています。

 

・申し込みから確認書類を同封しての返送まで1~2週間
・カード会社に到着してから審査が完了するまでに2週間
・カードの到着までに1週間

と手間や準備にも時間を食うので、大体はカード作成の期間は1ヶ月前後かかります。

ちなみに、法人カードは一般的に社歴が3年以上必要です。
新規事業を開始したもすぐに作成することは不可能と言われます。

また、カード会社によっては

  • 固定電話が必要
  • 事業実績を見て審査する

といった様々な条件もあるため、個人事業主の人は注意しなくてはいけません。

手続きは個人カードと変わらない

ではこのクレジットカードを利用する時はどうすればいいかというと、基本的に一般的なカード発行の手続きと変わりません。

 

ただし会社の業績などのデータを提出することになるので、業績についても頭に置いておく必要があります。

法人カードは審査に時間がかかる場合も

法人カード,審査

また法人向けのクレジットカードは審査期間が長い特徴があり、個人向けに比べるとやや時間がかかります。

 

このような審査はだいたい一月程度の時間がかかります。
金融機関によってはもっと短いこともあります。

 

しかし個人向けのように即日発行ができるものではないので、ある程度は時間がかかるものだと考えておいたほうがいいです。

 

法人クレジットカードは手続きに手間がかかるので、あらかじめ準備と余裕をもって手続きしましょう。

 

個人向けのものと法人カードの違いを知っておけば問題への対応が可能になりますし、いい条件でクレジットカードを利用することができます。

 

法人カードのクレジット審査、赤字でも作成できる?

法人カード,審査

法人カードにも個人カードと同じく審査があります。

 

赤字でも作成できる?かどうかですが、
もちろん黒字であるに越したことはないですが、実はさほどハードルの高いものではありません。

 

まず、何のために審査があるのか、ということです。

 

クレジットカード会社にしてみれば、クレジットカードとは一時的にせよお金を貸し付けることと同じです。
きちんと返してくれるのかが一番の関心事であり、心配事であるわけです。

 

この点は個人クレジットカードでも同じことです。
きちんと返してくれそうかどうか、主にその人の収入により判断しています。

 

個人の場合、与信審査があり、また総量規制もあり、借金の額が多いとかなり審査は厳しくなります。

 

一方で、法人の場合は、赤字かどうかは審査の一要素ではあるものの、そこまで比重は高くありません。
これには理由がいくつかあります。

理由①経営状態そのもので判断しているため

法人カード,審査

まず、実際問題として赤字を今まで出したことがないという企業はあまりないのではないでしょうか。

 

税金対策という面もあり、経営の順調さと決算の赤字や黒字とは必ずしも一致しません。
こういう点はカード会社側もよく分かっています。

 

要は、赤字かどうかそのものよりも、経営状態そのものを見てくると思ってください。
カード会社としては倒産されるのが一番困るわけです。

 

赤字はもちろん倒産の可能性はありますが、それを言うなら黒字倒産という言葉もあります。
ですので、赤字だからといって審査が通らないわけではありません。

 

理由②会社としての信頼性を見ているため

法人カード,審査

もう一つは、会社としての信頼性です。
創業からの年数や売上高なども相当に重要な要素です。

 

赤字だから作成できないとか、落とされたと思っている人は、意外と創業からの年数が短く、
会社としての信頼性に欠けるからという理由を見落としていることが多いです。

 

実際、黒字であれば必ず法人カードは作成できるかというと、そんな甘いものではありません。

 

黒字決算でも、創業から3年程度はより厳しめに見るとか、
事実上作成できないことにしているカード会社もあると言われています。

 

赤字でも完全に不可能ではないが審査は厳しい

法人カード,審査

法人クレジットカードでもそういう観点で審査が行われます。
違いといえば、一般的に影響が大きいことです。

 

一般論として、個人よりは法人のほうが利用額も大きいです。

 

また、もちろん良くないことですが、法人の場合、いわゆる隠れ蓑、偽装工作に使われやすいことも挙げられます。

 

実態のないペーパーカンパニーを設立し、いかにも事業を行っているようにみせるようなものも実際問題としてあります。
またそういうものに巻き込まれてはお金だけの問題ではなく、それこそクレジットカード会社の信用にも関わります。

 

赤字でも作成できる?という質問の答えも、こういう審査の観点から導き出せるでしょう。

 

借金の多い人がクレジットカードを作れますか、と聞くようなもので、
完全に不可能ではないでしょうが、本当に返してもらえるのか?という観点から、審査は厳しくなることは間違いのないところです。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<

法人カードの審査で落ちた原因を探り対策を練ろう

法人カード,審査

法人カードを作ろうと思って申し込みを行なったのに、審査で落ちたという経験をお持ちの方もいることでしょう。

 

その原因を探り、しっかりと対策を練って審査に通るようにしたいものです。
ここでは考えられる原因として4つご紹介します。

原因①会社の経営実態が証明できない

法人カード,審査

法人カードの審査で落ちた原因として考えられる一つの点は、
会社の経営実態が証明できないということがあるでしょう。

 

特に、最近多くなっている詐欺業者や悪徳業者に、
不当に使われるのを防ぐため審査が厳しくなっていると言われています。

 

それで特定の事務所がなく、固定電話などもない場合、審査に通らないこともあるのです。
この場合の対策としては、まず事務所を借りて、固定電話を引くようにすることができるでしょう。

 

もちろんカードによっては、携帯電話のみであっても審査に通る場合があるため、
別の法人カードに申し込んでみるのもよいでしょう。

原因②事業内容が不明確だった

法人カード,審査

また、法人カードの審査で落ちた別の原因としては、事業内容が不明確であるということが考えられます。

 

つまり、その会社がどんな事業を行なっているのかがはっきり分からないと、カード会社としても不安になるというわけです。

 

中には、全く新しい業種であるために、説明してもなかなか分かってもらえないといった場合もあるかもしれません。

 

そんな場合の対策としては、自分が行なっている業種に最も近い業種があればその事業内容を記載して申し込むことができるでしょう。

 

単に新規事業として記載するのではなく、できるだけ分りやすく記載するなら、安心してもらうことができるでしょう。

③会社として問題がある場合

法人カード,審査

まず、会社として問題があるケースで最も多いのは、赤字決算であった場合です。
これは頑張って黒字決算できるまで待つ必要があります。

 

次に、決算は黒字であったにもかかわらず審査で落ちたケースです。
このケースで考えられる原因としては設立年数があまりにも短い場合です。

 

通常のボーダーラインは設立後3年となりますので、3年経過してない場合にはしばらく待つことになります。

④代表者の問題がある?

そして、黒字決算で会社設立後3年が経過しているにもかかわらず審査で落ちた場合には、代表者個人のステータスに問題があることが考えられます。

よくあるケースでは、代表者が過去に債務整理をしており、その記録が個人信用情報に残っているケースです。

債務整理の内容にもよりますが、自己破産や個人再生の場合には官報の記録が10年保管されます。
基本的には5~10年以上経過していないと審査に通るのは難しくなります。

審査に落ちた場合の対策

このように法人クレジットカードの審査で落ちた原因はいろいろありますが、その対策としては打てるものと打てないものがあります。

 

もう一つの対策として、クレジットカード会社を変えていくという方法もあります。

審査内容は、クレジットカード会社によって大きく異なります。
例えば、黒字決算であれば設立後1年でも審査を通すところもあるのです。

 

特に、海外のクレジットカード会社の場合には、
過去の履歴よりも現在の返済能力を重視するケースが多くあります。

法人カードの審査とスムーズに通過するのに必要なこと

法人カード,審査

法人カードには審査があります。

 

法人カードというと、審査が厳しく設立間もない会社の場合には作れないと思われています。

 

実際には審査にスムーズに通過するために必要なこととはどのようなことなのでしょうか。

 

まず、法人カードの審査の基準となるのは、

  1. 会社のステータス
  2. 代表者個人のステータス

の2つとなります。
つまりは、この2つとも問題なければカードが発行できるということです。

会社のステータスとは

会社のステータスとは、設立年数と決算内容がポイントとなります。

設立年数

設立年数については、
基本的には3年経過というのが一つのボーダーラインとなります。

 

3年継続して会社を運営していれば、それなりの体力もあるという判断がなされるのです。
もちろん、年数が長ければよいというものではなく、あくまで一つの基準です。

決算内容

次に、決算内容が黒字であるかどうかというポイントです。
クレジットカード会社が最も怖いのは未回収ということですから、黒字であればその可能性は低くなるということです。

代表者のステータスとは

この設立年数と黒字決算という問題をクリアしたうえで、
次に審査をスムーズに通過するために必要なことが代表者個人のステータスです。

 

申し込みは法人名であっても実際に契約するのは代表者個人ですから、
代表者のこれまでのクレジット履歴は非常に重要なポイントとなります。

代表者が過去の一定期間に債務整理などをしている場合には、審査の通過は難しくなります。
また、逆にステータスの高いクレジットカードの利用者である場合には審査に通過しやすくなります。

ビジネスが安定しており、与信状況が良いと審査がスムーズに

法人カード,審査

またスムーズに通過するには、ビジネスが順調である必要があります。
安定的なビジネスであることは、法人カードを作る上で大切なこととなります。

 

安定的なビジネスとは債務超過になっていなくて、キャッシャフローが安定化している傾向があります。

安定したビジネスを証明する書類

安定したビジネスであることを示すには、様々な証明書類が必要になってきます。

 

銀行残高証明なども大切な書類の一つとなります。

 

法人カードの審査について考える時は、ビジネスの安定性について考える良い機会ともなります。

過去の与信状況

法人カードの審査をスムーズに通過するには、過去の与信状況が大切になります。

スムーズな返済を他のカードなどで行った結果があると、審査に通りやすくなります。

法人カードはとても便利です。
審査を上手く通過することはとても有意義なこととなります。

複雑化したビジネスに求められること

法人カード,審査

複雑化するビジネスは会計システムも複雑化します。

 

複雑化した会計システムに対応するには、様々なソフトやシステムが必要になります。
会計ソフトや法人カードのシステムの有効活用が、複雑化したビジネスに求められます。

 

新しいソフトやシステムによってビジネスの可能性を高めることは、とても意義深いこととなります。

 

法人カードの審査について考えることで、新しいビジネスシステムに関する発想を得ることもあります。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<

法人カードの審査を分析!スムーズに法人カードを作成するためには記事一覧

法人カード,審査

法人カードを作成するためには審査を受けてクリアする必要性があります。審査の内容については信販会社によって異なっているので事前に把握しておく必要があります。個人のクレジットカード作成の場合であれば審査の基準としては以下の2つくらいでしょう。収入の安定性過去にブラックリストに名前が入ったことがないこれが法人カードになると審査の内容はさらに増えて、会社の信頼性立ちあがってからの業歴従業員の数黒字か赤字か...

法人カード,審査,通過

これから法人カードの作成を考えている人は、不安を抱えているかもしれません。特に「申し込みをして実際にカードを作ることができるかどうか」という点について気になっているでしょう。基本的に法人カードと言っても信販会社によって審査内容は大きく異なっています。会社としての実績がほとんどなくても発行することができるカードもあれば、会社としての実績があっても発行することが出来ないカードもあります。このように法人...