法人カードを作るのに保証人や担保は必要?

法人カード,保証人,担保

法人カードを作成するにあたって、連帯保証人が必要となるケースがあります。
これについては、法人の代表者が保証人になることが一般的です。

 

保証人は、支払いすることができなくなった場合に代わりに債務者となります。その役割は、金融機関側のリスクを減らすことです。

 

担保においても同様で、支払いをすることができなくなった金融機関側のリスクを低減させることが目的になっています。

 

保証人や担保などの必要性については、法人カードの発行をしている信販会社によって異なってくるので事前に確認しておく必要があります。

連帯保証人の信頼性も問われる可能性が

ちなみに法人カードの作成にあたっては、法人の信頼性などが審査における重要なポイントになってくると言われていますが、それだけでなく連帯保証人なる人の信頼性なども審査に関わってくることがあります。

 

また安定した収入があって法人が黒字であっても、過去にクレジットカードを作成していてブラックリストに入っているような場合も新たに作成することは難しい可能性もあります。

 

法人カードの申し込み条件をしっかり確認した上での申し込みが必要です。各信販会社のホームページをチェックして申し込みをしましょう。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<

 


法人カードの上手な活用法を紹介

法人カード,保証人,担保

営業にかかった経費を一元化する

また法人カードを上手に活用する方法としては、経費の一元化を図ることです。
会社のお金の管理がスムーズになり、資金管理にかかる負担が低減されるなどのメリットがあります。

 

また営業にかかる費用なども、営業マンにカードを持たせることによって一元化することができます。所有に関しては一定の手数料がかかってくることもあるので費用対効果をチェックして活用を進めて行きましょう。

ポイント制度で経費削減

法人カードは個人のクレジットカードよりも使用額が高額になります。還元率は法人カードの方が低くなりますが、それでも毎月のポイントは貯まりやすいのでお得です。
貯まったポイントの利用方法は大きく分けて以下の3つです。

  • 景品への交換
  • 他カードへのポイント移行
  • マイルへの移行

貯まったポイントは景品に交換してもいいですし、楽天ポイントやTポイントにも交換することもできます。もちろんキャッシュバックが可能なカードもあります。またマイルに交換して出張費に使用してもよいでしょう。

社員の金銭の不正を防ぐ

会社にとって見逃せないのが、従業員の不正です。会社の経費をごまかし懐に入れる話はよく聞きます。また何千万、何億円もの横領事件も時たまニュースで報道されます。

 

こういった問題にも法人カードは有効と言えるでしょう。社員に法人カードを配ることで、経費の流れを代表者が一括で管理出来るからです。誰が何にいくら使ったのかのチェックがまとめてできるため大きく役立つでしょう。

ETCカードの発行

他にも法人カードには付帯してETCカードを発行することができます。社員の車の移動にかかる費用を一元化することができるなどのメリットも法人カードにはあります。

 

また社用車を管理している企業ではガゾリン法人カードがお得です。通常のガソリンカードよりも値引きしてくれるので、利用すればするほどコストカットができるでしょう。

資金調達にも使える

事業に関わる資金であれば、バックアップしてくれる法人カードもあります。
またキャッシング機能がついているものもあるので、資金不足になることをなるべく防いでくれる性格を持ち合わせています。

 

借入は、電話やネット、ATMで可能です。借り入れできる限度額はカードによって異なりますが、緊急に資金が必要になった場合に大変便利です。

赤字でも法人カードの作成は可能?審査のプロは赤字の性質を見抜く

法人カード,赤字

個人が借金をしている場合、クレジットカードやカードローンの審査をクリアすることは難しいです。
しかし、法人や個人事業者向けに提供されている法人カードについては、赤字経営になっている会社でもカードを発行してもらうことができるようになっています。

 

確かに黒字経営をしている会社と比較した場合に、審査の条件は厳しくなります。
しかしこれまでに借りてきたお金をきちんと返してきた実績がある場合などは別です。
信用情報も高くなるので十分に法人カードの作成をすることは可能になります。

どのような理由で赤字なのか性質を見極める

ちなみにどこの会社でも経費を計上することで税金の支払いを少しでも抑えようとしています。
このような策で赤字になっている法人や個人事業者も少なくありません。
このような運営をしている会社も多いことから赤字でも法人カードを作ることができるようになっています。

 

もちろん収入が無いことによって赤字になるといった経営面でピンチな赤字というのもあります。
これだと法人カードの発行をしてもらうことは難しくなります。

 

このあたりの違いについては審査をする信販会社もやはりプロの仕事をします。
決算書を見ることによって赤字の性質というのを理解します。
当然ながら、業歴が短い会社になってくると赤字や黒字などの情報が少ないので借りることができる可能性は下がります。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<