法人カードの申込みの条件|条件をクリアしても落とされるって本当?

法人カード,作成条件

最近は法人カードをインターネットで申し込みをして作成することができるようになっています。
カードの発行においても無料で作ることができるタイプもあります。

 

また、有料でお得なサービスを受けることができるタイプなど多様化が進んでいます。
法人カードは個人が所有するカードに比べると、
・法人名義になること
・法人での口座の支払いができる
このようなメリットがあり、付帯される特典もかなり立派なものになっています。

法人カードの申し込み条件
  • 業歴がしっかりしていること
  • 黒字になっている

つまり「会社の運営状態に信頼があること」「法人としての実体が証明されること」が申込の条件です。

 

これが個人向けのクレジットカードの場合だと、収入や身分証明書などが審査の条件になります。
このことを考えると、個人と法人のカード作成ではかなり条件が異なっていることにも気付きます。

必要書類をそろえる

法人カードを作成する際に必要な書類
  • 法人の銀行口座があること
  • 履歴事項全部証明書
  • 印鑑証明
  • 本人の確認書類

上記が必要になっており、これらの書類がないと審査を受けることはできません。

審査にクリアすること

ローンの利用をする場合と同じように、一定の審査条件をクリアしないことにはカードの発行をしてもらうことができません。

 

審査基準はそれぞれの信販会社によって異なります。会社の信頼度などから法人カードの発行ができるところを選ぶ必要もあります。

業績が黒字じゃないとダメ?

法人カード,申し込み,条件審査

また法人を設立した直後だと、カードの作成をすることが難しい場合も少なくありません。
数年以上の業歴に加えて黒字であることなどの条件が科せられていることもあります。

 

これについてはすべての法人カードに該当するというわけではありません。業歴が無くて黒字でなくても申し込みをしてカードを発行することができるところはあります。

 

法人カード作成における細かい条件などは、信販会社のホームページをチェックすることで把握できますので、事前に調べておくとよいでしょう。また、多重の申し込みは厳禁であるということにも気を付けましょう。

 

申込みの条件をクリアしていても審査に落ちる場合があります

法人カードを作成するためには審査を受ける必要があります。
審査にクリアしない事にはカードを作ることができないので審査条件をあらかじめ確認しておく必要があります。

 

また法人カードを提供している信販会社で、提示されている申し込みの条件にクリアしている場合でも、
実際に申し込みをするとカードの作成をすることができないことがあります。
これは細かい審査条件はオープンな情報として提示されないまま審査が進んでいくことが理由になっているのです。
この場合は審査にクリアしなかった場合も審査にクリアしなかった理由を提示してもらうことはできません。

 

年会費が高いタイプの法人カードになるほど審査は厳しく設定されていることが多くあります。
法人としての実績が高くてもなかなか利用することが難しい場合もあります。

 

>>法人カードの審査比較したおすすめランキングはこちらから<<


法人カードの作成条件と申込条件記事一覧

法人カードを作成するにあたって、連帯保証人が必要となるケースがあります。これについては、法人の代表者が保証人になることが一般的です。保証人は、支払いすることができなくなった場合に代わりに債務者となります。その役割は、金融機関側のリスクを減らすことです。担保においても同様で、支払いをすることができなくなった金融機関側のリスクを低減させることが目的になっています。保証人や担保などの必要性については、法...