保証人や担保の必要性について|法人カードを確実に作るためには

法人カードを作るのに保証人や担保は必要?

法人カード,保証人,担保

法人カードを作成するにあたって、連帯保証人が必要となるケースがあります。
これについては、法人の代表者が保証人になることが一般的です。

 

保証人は、支払いすることができなくなった場合に代わりに債務者となります。その役割は、金融機関側のリスクを減らすことです。

 

担保においても同様で、支払いをすることができなくなった金融機関側のリスクを低減させることが目的になっています。

 

保証人や担保などの必要性については、法人カードの発行をしている信販会社によって異なってくるので事前に確認しておく必要があります。

連帯保証人の信頼性も問われる可能性が

ちなみに法人カードの作成にあたっては、法人の信頼性などが審査における重要なポイントになってくると言われていますが、それだけでなく連帯保証人なる人の信頼性なども審査に関わってくることがあります。

 

また安定した収入があって法人が黒字であっても、過去にクレジットカードを作成していてブラックリストに入っているような場合も新たに作成することは難しい可能性もあります。

 

法人カードの申し込み条件をしっかり確認した上での申し込みが必要です。各信販会社のホームページをチェックして申し込みをしましょう。


法人カードの作成条件とは

法人カード,保証人,担保

法人カードを作成するにあたって、連帯保証人が必要となるケースがあります。これについては、法人の代表者が保証人になることが一般的です。保証人は、支払いすることができなくなった場合に代わりに債務者となります。その役割は、金融機関側のリスクを減らすことです。担保においても同様で、支払いをすることができなく...